検索結果

2024年注目の人事・労務トレンドと企業がやるべきことは?

2024年以降は、新たな法律の施行や制度の見直しが行われるため、企業は適切に対応を進めていかなければなりません。そのためには、2024年注目の人事・労務トレンドを押さえておくことが大切です。本記事では、2024年以降の人事・労務トレンドや具体的に求められる対応などを解説します。 2024年注目の人事・労務トレンド6選 働き方改革の推進や新型コロナウイルスの流行、法改正に伴う新たな制度のスタートなどを経て、2024年からは企業における人事・労務関連の業務が変化すると考えられています。以下では、2024年注目の人事・労務のトレンドを紹介します。 2024年注目の人事・労務トレンド 働き...

# 人事・労務

電子帳簿保存法の基本と「優良な電子帳簿」の税務メリット

2023年の税制改正による電子帳簿保存制度の見直しに伴い、「対応が必要なのに、まだ不十分」という企業も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、電子帳簿保存法の基本と、「優良な電子帳簿」に該当する場合の税制上の利点について詳しく解説します。 目次 電子帳簿保存法の基本をわかりやすく解説 電子帳簿保存法への対策 電子帳簿保存法の導入方法 優良な電子帳簿とは 優良な電子帳簿の税務メリット 過少申告加算税の軽減措置 青色申告特別控除額の増額 まとめ:正しく電子帳簿保存法を理解し対応しよう 電子帳簿保存法の基本をわかりやすく解説 電子帳簿保存法は、国税に関する帳簿の保存に...

# 電子帳簿保存法

2024年もIT導入補助金や助成金を使ってスマートにデジタル化しよう

中小企業がITツールを導入し、DXを進める際には、さまざまな補助金が利用可能です。IT導入補助金や助成金を利用すれば、よりスマートにデジタル化を実現できます。この記事では、ITツール導入に活用できる補助金や助成金について紹介します。 目次 2024年もIT導入補助金が継続!デジタル化に便利 IT導入補助金の申請枠の種類 デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型) 通常枠 複数社連携IT導入枠 インボイス枠 セキュリティ対策推進型 IT導入補助金の対象ツール例 デジタル化を進めたい中小企業におすすめの補助金・助成金 小規模事業者持続化補助金(一般型) キャリアアップ助...

お仕事をデジタルに効率化!お役立ちセミナー情報

ビズらくおすすめウェビナ― 2024年2月22日(木) 12:00~開催 【インボイス制度下の決算業務】 決算期に慌てない!制度対応チェックセミナー インボイス制度施行や電帳法改正によって、決算業務にも変化が。 「インボイス番号の確認しなかったらどうなる?」「税額控除の処理はどうすればいい?」 意外とあやふやなインボイス制度下での決算対応。 大慌てになる前にやるべきことを今のうちに確認しておきましょう! 申込締切:2月22日(木) 11:00 お申込みは終了いたしました。 見逃しアーカイブウェビナー お申込みはこちら Microsoft 365 を導入する 7 ...

インボイス制度導入後の注意点! 経費精算や経過措置への対応を解説

2023年10月から始まったインボイス制度ですが、まだ対応に苦慮している事業者も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、インボイス制度に対応する際の注意点について解説します。仕入税額控除の経過措置や2割特例といった、インボイス制度の負担が少なくなる制度についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 目次 小規模事業者向け インボイス制度導入後の注意点 中堅・大規模事業者向け インボイス制度導入後の注意点 インボイス制度導入後の留意点:仕入税額控除の経過措置 売掛金の相殺処理はどう変わった? インボイス制度導入後の経費精算で気を付けること 経理業務を効率化するには まとめ:イ...

# インボイス制度

緊急事態が起きても安心!BCP対策にクラウドを活用しよう!

災害、障害、緊急事態・・・・これらはどんなビジネスにも突然やってくる可能性がある脅威です。 しかし、そんな時にもビジネスを継続し、最小限の損害に抑え、事業の継続や早期復旧を図るにはどうすれば良いでしょうか? 今回は、コア業務を停止させずに事業継続のためのBCP対策と、対策の一つとして注目が集まっているクラウド化について解説します。 目次 BCPとは クラウドとは クラウドがBCPにもたらすメリット クラウドをBCPに活用した事例 まとめ ビズらくおすすめクラウドサービス商品 BCPとは BCP(ビジネスコンティニュイティプラン=事業継続計画)は、地震や台風などの自然災害...

# セキュリティ

法人決算のやり方や流れ、簡単な決算書の作り方を解説!

法人決算では、法人の年間の経営状況をまとめた決算報告書などを作成しなければなりません。本記事では、企業の総務担当に向けて、法人決算の目的や実際の流れ、作成する書類などを解説します。決算書は手間がかかるため、簡単に作成できるクラウド会計を活用して、業務効率化を目指しましょう。 目次 法人決算の目的 法人決算の流れ・やり方 1.帳簿の記録と整理 2.財務諸表の作成 3.監査と調整 4.株主総会などでの承認 5.税務申告・納税 6.データの保存と保管 法人決算に必要な書類 決算報告書 領収書と請求書 総勘定元帳 法的な報告書や申告書 簡単な決算書の作り方・クラウド会計で楽...

電子帳簿保存法はいつから? 【2024年】義務化の猶予期間と「相当の理由」を解説

電子帳簿保存法の義務化はいつから始まるのでしょうか。結論としては、現行の猶予期間は2023年末に終わるので、2024年1月1日から義務化が始まります。しかし、「令和5年度税制改正大網」によって、その状況に変化が出てきました。この法改正によれば、「相当の理由」がある場合は、今後も猶予を受け続けることが可能です。そこで本記事では、最新の法改正を踏まえ、電子帳簿保存法に今後どのように対応すべきかを解説します。 電子帳簿保存法何で対応すればよいかわからない!そんなあなたにおすすめの資料はこちら! ▶インボイス制度・電子帳簿保存法対応|ビズらくオリジナルクラウド会計ソフト徹底比較 目次 電子...

# 電子帳簿保存法

インボイス制度開始前!対応チェッククイズ 担当者必見【全9問】

インボイス制度の開始に向けて、始まる前に何をしなければならないのか、押さえておくべき要件にはどんなものがあるか、といった疑問がある方も多いのではないでしょうか。本記事では、制度開始前に知っておきたい、より実務的な内容をクイズ形式で紹介します。 なお、もっと基本的な部分から知りたい方は、下記記事を参照してください。 ▼インボイス制度に関するQ&A! よくある質問 https://www.biz-raku.jp/useful_information_page/blog00044-articles-kaikeikeiri 目次 インボイス制度開始直前! いま気になる4つの疑問...

# インボイス制度

e-文書法とは? 保存の要件や電子帳簿保存法との違い、対象書類を解説

e-文書法は、商法などによって保存することが義務付けられている書類を、電子文書として保存することを認めている法律です。本記事では、e-文書法の対象となる書類や保存時に求められる要件、電子帳簿保存法との違い、ペーパーレス化推進のメリットについて解説します。各種法令に対応したクラウドサービスも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 目次 e-文書法とは? 概要をわかりやすく説明 e-文書法と電子帳簿保存法との違いって何? e-文書法の対象書類 e-文書法で電子保存するための4つの要件 ペーパーレス化を推進する主なメリット コストを削減できる 企業イメージが向上する 業...

# 電子帳簿保存法

ビズらくおすすめ資料一覧

ビズらく会員登録で資料をらくらくダウンロード ビズらくに登録すると、資料のダウンロードフォームに自動的に会員情報が入力されるので 複数の資料をダウンロードする場合でも、その都度入力する必要がなくなります 新規会員登録はこちら ビズらくとは? ビズらくイチオシ資料 ビズらくオリジナル比較資料 ペーパーレスするなら ビズらくイチオシ資料 PICK UP Office製品 まるわかり解説 買い切り型クラウド型どうちがう? Office製品の買い切り型とクラウド型の違いを徹底解説!!最適プラン診断シートであなたの職場にあったプランを確認しましょう! ダウンロード ...

TOPへ