検索結果

ビズらくおすすめ資料一覧

ビズらく会員登録で資料をらくらくダウンロード ビズらくに登録すると、資料のダウンロードフォームに自動的に会員情報が入力されるので 複数の資料をダウンロードする場合でも、その都度入力する必要がなくなります 新規会員登録はこちら ビズらくとは? ビズらくイチオシ資料 ビズらくオリジナル比較資料 急上昇資料 ビズらくイチオシ資料 PICK UP Office製品 まるわかり解説 買い切り型クラウド型どうちがう? Office製品の買い切り型とクラウド型の違いを徹底解説!!最適プラン診断シートであなたの職場にあったプランを確認しましょう! ダウンロード N...

会計ソフトfreee(フリー)の特徴とメリット、使用感を紹介

クラウド型の会計ソフトは、会計の専門知識がなくても業務が可能なことや、行政手続きのデジタル化に対応できるという点から、さまざまな業界で急速に普及しています。そんな中で中小企業や個人事業主から高い支持を得ているのがクラウド会計ソフトfreee(フリー)です。本記事ではfreee会計の特徴と5つのメリットを紹介します。 目次 会計ソフトfreee(フリー)とは? 会計ソフトfreee(フリー)の特徴 会計ソフトfreee(フリー)の5つのメリットと使用感 まとめ: 会計業務を効率化したいならクラウド型会計ソフトのfreee 会計ソフトfreee(フリー)とは? 会計ソフトfree...

【2024年4月から】労働条件明示ルール変更。改正内容・追加される明示事項とは?

この記事が気になった方にはこちらの記事もおすすめ! ▶企業におけるマイナンバー管理、できていますか?必要な対応を解説 2024年4月1日から労働条件明示に関するルール(労働条件の明示義務)が改正されました。 そこで、その基本的な内容と、2024年4月に改正・追加された4つのルールを解説します。 労働条件の明示義務は全ての従業員が対象になります。労働基準法15条で定められており、違反すると罰則を科されるので気をつけましょう。 目次 労働条件の明示義務とは 2024年4月から改正・追加された4つの労働条件明示ルールの内容と注意点 労働条件明示義務違反をするとどうなる? まとめ: 労...

# 人事・労務

業務の引き継ぎを効率化!マニュアル作成や異動手続きに便利なツールとは

職場において業務や案件の担当者が変わるのは珍しいことではありませんが、その際に問題になりがちなのが担当者の変更に伴う生産性の低下です。この問題を防ぐには、適切な方法で引き継ぎを行う必要があります。本記事では、業務の引き継ぎの基本的な意義や重要性、引き継ぎに役立つコツやITツールを紹介します。 目次 業務の引き継ぎとは? 引き継ぎ業務はなぜ重要? 引き継ぎの3つのコツ 引き継ぎを効率化する4つのツールの活用方法 まとめ:スムーズな引き継ぎには、ツールの活用がおすすめ 業務の引き継ぎとは? 業務の引き継ぎとは、仕事の内容やノウハウなどを後任者に伝達する作業のことです。多くの場合、...

企業におけるマイナンバー管理、できていますか?必要な対応を解説

従業員のマイナンバー管理を効率化したい担当者の方におすすめ! ▶3分でわかるSmartHR 企業は、従業員が持つマイナンバーを適切に収集し、管理しなければなりません。しかし、具体的にどうすればよいのかと戸惑う人は少なくないのが現状です。この記事では、マイナンバーが生まれた背景や管理する際の大まかな流れ、注意点などをわかりやすく解説します。 目次 企業でのマイナンバーの管理が義務に! 「マイナンバー法」とは 企業におけるマイナンバーの管理の流れ 企業がマイナンバーを管理する上で必要な対応措置 企業でマイナンバーを管理する際の注意点 マイナンバーはシステムで管理するのがおすすめ ま...

# 人事・労務

社会保険の加入条件は会社によって違う?2024 年の改正内容とは

社会保険への加入条件は、事業体が法人か個人経営かで異なり、従業員の雇用形態によっても異なってきます。年金制度改正法によって条件は段階的に緩和・拡大され、2024年10月以降は従業員が51人以上の企業に勤めるパートやアルバイトも加入対象になります。本記事では、社会保険の加入対象や条件、注意点などについて解説します。 目次 社会保険の加入条件は会社によって違う 法人は強制加入 個人経営は一定条件を満たせば加入 2024年10月改正・雇用形態によって違う社会保険の加入条件 短時間労働者 常時雇用している従業員 法人の役員 社会保険加入の注意点 社会保険加入の管理は「労務管...

# 人事・労務

勤怠管理の危険度診断!起こり得るトラブルと予防のための対応策

近年行われた労働基準法の改正を受け、自社の勤怠管理が正しいのか心配している方も少なくありません。そこで本記事では、勤怠管理の危険度を測るチェック項目とあわせて、勤怠管理を疎かにすることで起こり得るトラブルなどを解説します。勤怠管理を見直したい方や、勤怠管理システムの導入を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。 勤怠管理危険度診断 労働基準法の改正によって、労働時間を客観的に把握することが企業の義務とされました。これは、従業員の心身の健康を守ること、適正な賃金を支払うことが主な目的です。法令を遵守するためには、始業・終業時刻、労働時間、休日・深夜残業の時間などを正確に記録することが欠かせま...

# 勤怠管理 # 人事・労務

2024年注目の人事・労務トレンドと企業がやるべきことは?

2024年以降は、新たな法律の施行や制度の見直しが行われるため、企業は適切に対応を進めていかなければなりません。そのためには、2024年注目の人事・労務トレンドを押さえておくことが大切です。本記事では、2024年以降の人事・労務トレンドや具体的に求められる対応などを解説します。 2024年注目の人事・労務トレンド6選 働き方改革の推進や新型コロナウイルスの流行、法改正に伴う新たな制度のスタートなどを経て、2024年からは企業における人事・労務関連の業務が変化すると考えられています。以下では、2024年注目の人事・労務のトレンドを紹介します。 2024年注目の人事・労務トレンド 働き...

# 人事・労務

働き方改革関連法とは?企業が押さえるべき改正のポイントと違反時の罰則をわかりやすく解説

2018年6月に参院本会議で「働き方改革関連法(働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律)」が成立しました。それによって労働法に関する複数の法律が改正され、企業では労働環境の抜本的な変革が求められています。本記事では働き方改革関連法のポイントや違反時の罰則について解説します。 目次 働き方改革関連法とは? 働き方改革関連法の改正ポイントと違反時の罰則 1.時間外労働の上限規制 2.年次有給休暇の確実な取得 3.時間外労働に対する割増賃金率引き上げ 4.フレックスタイム制の拡充 5.産業医および産業保健機能の強化 6.勤務時間インターバル制度の導入促進 7.不合理な待...

# 人事・労務

2024年もIT導入補助金や助成金を使ってスマートにデジタル化しよう

中小企業がITツールを導入し、DXを進める際には、さまざまな補助金が利用可能です。IT導入補助金や助成金を利用すれば、よりスマートにデジタル化を実現できます。この記事では、ITツール導入に活用できる補助金や助成金について紹介します。 目次 2024年もIT導入補助金が継続!デジタル化に便利 IT導入補助金の申請枠の種類 デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型) 通常枠 複数社連携IT導入枠 インボイス枠 セキュリティ対策推進型 IT導入補助金の対象ツール例 デジタル化を進めたい中小企業におすすめの補助金・助成金 小規模事業者持続化補助金(一般型) キャリアアップ助...

入社手続きの会社側チェックリスト! 必要書類や効率化の方法を紹介

新入社員の入社手続きは工数が多いため、担当する社員が作業に不慣れな場合や、忙しい職場などでは負担が大きくなりがちです。そこで本記事では、入社手続きで役立つチェックリストとともに、会社側・内定者側それぞれで準備すべき必要書類について解説します。手続きを効率化する方法もあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 目次 入社手続きの会社側チェックリスト 入社手続きで会社側が準備するべき必要書類 入社手続きで内定者に準備してもらう必要書類 入社手続きで会社側が行う保険の対応 会社側で行いたい入社手続きの効率化方法 まとめ:ミスなく入社手続きの準備を進めましょう 入社手続きの会...

# 人事・労務

TOPへ